4月の絵画小学生クラス♪

4月の小学生絵画クラスの生徒さんたちは、筆にたっぷり水分を含みみずみずしく鮮やかな色彩で描きました。

.

 

.

たっぷりの水分を含んだ色彩は、隣り合う同士の色と色が出会う時、思ってもみなかった効果を生みだします。

.

.

描き手である本人も、始めはその色のマジックに導かれ、感動しながら、経験によってだんだんと予測し計算しながら色を操れるようになっていきます。
アトリエカラフルも4月は新年度で、生徒さんたちも少しドキドキしながらやってくる雰囲気がありますが、その瑞々しい鮮やかさに感動しながらその筆先にしっかりと集中することができました。
私たちは生活の中、沢山の美しさに出会います。
目を向け、心を向ければ、自然の中や暮らしの中に、綺麗なもの、美しいもの、心を動かすものごとは沢山あります。

.

 

.

絵を描くことは、日々感じているその美しさを再確認することができ、そうしたものに向ける目や心を養ってくれます。
そして自分の感性が何を捉えているのか、気づいていなかった部分もアート表現は教えてくれます
そうして持ち前の感性はより柔軟になっていきます。

.

 

.

日々の暮らし×アートは、世界の美しさを教えてくれ、思わぬ自分に出会わせてくれ、柔軟な発想を育て、日々を楽しくしてくれます。
新しいことの多い春ですが、アート表現とととにある日々が、皆さんにとってより豊かでありますように♪