アートワークショップを通して感じる子どもの成長

秋はイベントが多く

アートワークショップを通して

沢山の笑顔に会っています

.

.

一期一会の方もいたり
アトリエカラフルのワークショップに
何回も来てるよっという方もいたり。
会う度に成長している子どもたちに
ドキっとします。

.
アートスクールの生徒さんも
来てくれます。
アートスクールで会う空間、時間とは
違っていて
ちょっと恥ずかしそうにしてる様子が
可愛くて、私もなんだかとても新鮮です。
子どもたちの成長って早いですね。
ぐんぐん大きくなっていく。

.

.

話が長くなってしまいますが、

私は幼少期に関わってくれた周りの大人たちの笑顔、

手を差し伸べてくれた瞬間を沢山思い出しながら

成長しました。

未だにその経験は、

いつも私の背中を押してくれています。

.
「見てるよ。」
「見守ってるよ。」
子どもに向けてくれる大人の温もりは、

家族、親戚、近所の人、

関わってくれる人全て、

子どもたちに大きな勇気を与えてくれます。
未来への未知の道を進む時、

「大丈夫、このまま進もう」って

思わせてくれる人生の先輩が、

道の先から笑いかけてくれるのは、

とても大きなことです。

.
そして私は思春期から大学生時代にかけて、

子どもたちの時間は、

大人になってからも掛け替えのない基盤になる

という内容の書籍に沢山出会いました。
自分の経験と、照らし合わせ大事なんだなぁと

心から思いました。

.
そしてアートには、

子どもを育む大きな魔法みたいな力があることも、

様々なきっかけで知りました。
どこかで子どもを見かけると、可愛いなぁっと、

とても気になって目で追うというのが始まったのは

大学生の時。
子どもたち一人分の中には全てが

詰まってる気がしたのです。
宇宙中のキラキラです。
言葉にすると大袈裟ですが。
それをその子自身が自分の経験のなかで

子ども時代に知ること。

生かし伸ばすこと。
それはとても大切なことだと思いました。
1人の大人として私が子どもたちに

してあげられることは?
その思いが大きくなったとき、

子ども造形教室の講師をスタートし、

今のアトリエカラフルに繋がっています。

.

.

そして今は、関わってくれた子どもたちの

大きくなっていく背中をみて
私はその子との与えられた一瞬一瞬を、

どれくらい大切にしてあげられたかな。
そう思う日々です。

.